まめ子の軽やか出張・旅ブログ

福岡在住、出張多め・旅好きなアラサー女【まめ子】のちょっと便利な豆知識

【JR九州 乗り鉄】「キハ」や「クハネ」初心者でもわかる車両番号の意味(初級者編)

1年で九州全561駅制覇!挑戦中の【まめ子】です。
 
2019年も乗り鉄旅、延長戦しています。 
今回のテーマは「電車の車両番号」 です。

▲門司港駅すぐにある「九州鉄道記念館」の写真 
 
詳しい方に「初心者でもわかる車両番号の意味(初級者編)」
を教えてもらったのでメモしておきます。
(間違いや補足などあればぜひ教えてください!!)

ーーーーーーーーーーーー  

 【もくじ】  

きっかけはJR九州アプリのスタンプ

1つ目のカタカナは「車両の種類」

2つ目のカタカナは「車両の等級」 

その次のカタカナは「車両の設備」    

「車両の重量」を表す記号もある

記号を知ったらちょっと愛着がわきました

参照させてもらったページ

JR九州アプリスタンプ公開

ーーーーーーーーーーーー 

                                                                                                                                                              

■きっかけはJR九州アプリのスタンプ

JR九州アプリに、こんな感じのスタンプがあります。

 □59634号
 □C59 1号
 □EF10 35号
 □ED72 1号
 □キハ07 41号
 □クハ481 603号
 □クハネ581 8号
 □スハネフ14-11
 □セラ1239号
なんだか暗号みたい!?と思っていたのですが、
特にこの後半のカタカナ族4つについては、
ちょっとだけ謎が解けました♪

 

                                                                                                                                                 

1つ目のカタカナは「車両の種類」

□キハ07 41号

この車両の、一番目に来ている「キ」は、

車両の種類を表します。

●「キ」…気動車

ディーゼルエンジンなどの熱機関を動力にして

自走する車両を指します。

ディーゼルエンジンだと架線が必要なく、

1両走行も可能なので、ローカル線などでは重宝されているようです。

 

エンジンを搭載している車両は運転台の有無にかかわらず「キ」

エンジンを搭載していない車両で運転台付きなら「キク」

エンジンを搭載しておらず、運転台もないなら「キサ」

になります。

 

●「ク」…運転台あり

●「モ」…モーターあり

●「クモ」…運転台+モーターあり

●「サ」…モーターも運転台もなし

なんだかパズルみたいですね〜。

 

                       

■2つ目のカタカナは「車両の等級」

2つ目のカタカナは、「イ」「ロ」「ハ」の3種類。

国鉄時代は3等級で、

「イ」=1等車

「ロ」=2等車

「ハ」=3等車

だったのが、1960年に2等級制に改正、

「イ」がなくなっていたのですが、

ななつ星ができたことで復活!

今では、

「イ」=ななつ星の車両

「ロ」=グリーン車

「ハ」=普通車

になっています。

 

先程の「キハ07 41号」は、

エンジンを搭載した(キ)、普通車(ハ)ということになります。

同じようにして、クハ481 603号
なら運転台のある(ク)、普通車(ハ)という意味です。                                                                          

                                                                                                 

■その次のカタカナは「車両の設備」

特殊車両にはさらにカタカナが続きます。

●「ネ」…寝台車

●「ヤ」…職用車

●「ル」…配給車

●「二」…荷物車

●「シ」…食堂車、ビュッフェ

●「フ」…緩急車 (車掌用設備のある車両)

●「ユ」…郵便車

寝台車や食堂車以外は、あまりおなじみの名前ではないですが…

博物館などに行くとレアな車両に出会えるかもしれませんね!

 □クハネ581 8号なら
運転台のある(ク)、普通等級(ハ)の寝台車(ネ)ということですね!

 

                                                                                                      

「車両の重量」を表す記号もある

さらに、

「ナ」…27.5〜32.5t 中形/並形のナ

「オ」…32.5〜37.5t 大型のオ

「ス」…37.5〜42.5t スチール/少し大きいのス

「マ」…42.5〜47.5t まったく大きいのマ

「カ」…47.5t以上  格別に大きいのカ

というのもあるのだそうで、

 □スハネフ14-11なら、
37.5〜42.5tの(ス)、3等級の(ハ)、寝台車(ネ)+緩急車(フ)
という意味になります。

 

                                                                                  

■記号を知ったらちょっと愛着がわきました

これまで呪文や暗号のようにまったくわからなかった

車両番号でしたが、ちょっとだけ意味がわかって、

普段電車に乗っているときも、

「あ、これは普通車って意味だなぁ」

なんてわかるようになったら楽しくなりました。

いつかはまめ子も憧れのJR九州の高級列車「ななつ星」に乗って、

「イ」の冠をもつ車両に乗ってみたいです…!!

 

ちなみに、その後に続いている数字にもそれぞれ意味があるよう。

そっちのお勉強も、またできたら世界広がりそうですね〜(^^)

                                                                                   

■参照させてもらったページ

以下のページをもとに、お勉強させてもらいました。

▼資料①

「キハ」「モハ」の意味は… JR車両番号を読み解く|旅行・レジャー|NIKKEI STYLE

▼資料②

客車を表す記号 車両を表す記号 日車夢工房 ≪鉄道知識の壺≫

 

                                                        

■JR九州アプリスタンプ公開

JR九州アプリで獲得したスタンプを

ずらっと公開しています。

▼その①

www.mameko.work

▼その②

www.mameko.work

ーーーーーーーーーーーー  

 【もくじ】  

きっかけはJR九州アプリのスタンプ

1つ目のカタカナは「車両の種類」

2つ目のカタカナは「車両の等級」 

その次のカタカナは「車両の設備」    

「車両の重量」を表す記号もある

記号を知ったらちょっと愛着がわきました

参照させてもらったページ

JR九州アプリスタンプ公開

ーーーーーーーーーーーー 

 

  

↓ブログの更新はTwitterでお知らせします♪

まめ子  | Twitter

インスタグラムはじめました!

まめ子(@mameko.trip.blog) • Instagram

 
引き続き、がんばるぞー!
↓よかったらポチッと応援お願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へにほんブログ村